ヴィンテージチェリーサンバースト 再入荷!

すっかり秋になり、アコースティックギターが続々入荷しています! その中から

Gibson Custom Shop 1960s J-45 ADJ VCS (新品)をご紹介します。

Gibson 1960s J-45 ADJ VCS

シトカ・スプルース・トップ、マホガニー・サイド/バックで、アジャスタブル・ブリッジを採用しています。

1960年代中期に生産された実機を採寸したラージ・ピックガード、ピックアップ無しという仕様が、より60’sのスタイルを強調しています。

ひときわ鮮やかな ヴィンテージチェリーサンバースト

「ヴィンテージ・チェリー・サンバースト」は強い赤味が印象的な60年代初頭のイメージを再現しています。

Custom Shop
1960年代を再現したペグ!

ノンスキャロップド・ブレーシングとアジャスタブル・ブリッジとの相乗効果で、歯切れ良いパーカッシブなサウンドになっています。

ピックアップ無し!という潔さ。

是非店頭でお試しください。DOVERでお待ちしております。

SOLD!  ありがとうございました。

再入荷しました!(ホントのラスト一本だそうです)

298,000


※ ほかにも続々入荷しますのでお楽しみに!

 

クラシックギターの蘇生

昔のクラシックギターの修理をご紹介します。

「昔のクラシック」?と思うかもしれませんが、そう言うしかないのです。

長い年月がんばってきたギター。実物はこの画像よりかなり悲惨です。中のラベルに製作者の名前が漢字で!

このギターは日本のクラシックギター作家の草分けの一人である中出阪蔵氏の弟で「中出留吉」の作品です。しかしながら、相当酷使されており悲壮感ただよう状態になっていました。

ガーン!首の皮一枚でかろうじてつながっている状態。

ネックは折れていて、トップの割れはなんと8箇所にのぼります。

塗装の劣化や長年の汚れや無数のキズなど問題山積みです。 “クラシックギターの蘇生” の続きを読む

七夕ですが・・・

きょうは七夕ですが、あいにくの天気です。

皆さんの願いごとがかないますように。

DOVERのある上尾では七夕の日って大体雨か曇りの様な気がします。そもそも「天の川」って見たことないです。こんな日はお家でギターやベースやウクレレをどうぞ。

これだけ湿度が高いとネックは後ろに反っていませんか?日本においては季節柄仕方ないのですが、あまり弾きにくいようでしたらDOVERにお持ちください。お待ちしております。

ナットスロットの修正

ヴィンテージのベースのナット部分のリペアの一例です。

ヴィンテージの場合、時々見られることですが以前どこかで誰かによって不可解なリペアが施されていることがあります。今回のベースのナット部分は、まさにそうでした。はずしてみると溝に木工パテの様なものが詰められてその上にナットが乗っていました。多分アールが合わなかった為だと思われます。

木工パテ?が一緒に取れました。

彫刻刀かなにかで掘ったのでしょうか、ガタガタです。さらにバインディングも一緒に切断されていました。

そこで、まずナットスロットを正確にトリマーで掘り直します。

掘りました。手前のバインディングの欠損部分は後で直します。

ノミやヤスリを使ってより平らにしていきます。

ノミで細かいところを平らに。
ヤスリ1
ヤスリ2

新しい水牛骨のナットを溝にピッタリ合うように削って取り付けます。

バインディングを張り直す方法もありますが、今回はプラスチックパテでリペアすることにしました。

欠損部を埋めたところ。
ヤスリをかけてツルツルに整えます。
着色の途中・・・。経年変化した色に合わせて着色していきます。

この後、色を整えてナットの溝を掘って完成です。

どなたかに譲られたものや、中古で手に入れたものなど表面的にはわからないこのような事例はよくあります。DOVERにご相談ください。お待ちしております。

Neck Jig

よく「それは何ですか?」と聞かれるのがDOVERのリペアブースにあるNeck Jigです。ギターやベースをセットして主にフレットの高さを揃える時使うものです。

フレットの高さを揃えるためにフレットを一斉に削ります。

通常、ネックはわずかに後ろに反る力が働いています。弦が前に引っ張る力とつり合うことで真っすぐの状態でいられるのです。微妙な話ですが、調整のために弦をはずした段階でネックは後ろに反り始めます。

“Neck Jig” の続きを読む

K.nyui ST Mercedes Blue

K.nyuiのSTが入荷しました。

「Mercedes Blue」という何とも言えない綺麗なメタリックなブルーです。特筆するべきはネックの材です。これほど良質なものは何年か振りという見事なバーズアイメイプルを使用しています。

光の加減で色が違って見えます。この画像が一番近いです。
是非実物を見ていただきたいです。

“K.nyui ST Mercedes Blue” の続きを読む