クラシックギターの蘇生

昔のクラシックギターの修理をご紹介します。

「昔のクラシック」?と思うかもしれませんが、そう言うしかないのです。

長い年月がんばってきたギター。実物はこの画像よりかなり悲惨です。中のラベルに製作者の名前が漢字で!

このギターは日本のクラシックギター作家の草分けの一人である中出阪蔵氏の弟で「中出留吉」の作品です。しかしながら、相当酷使されており悲壮感ただよう状態になっていました。

ガーン!首の皮一枚でかろうじてつながっている状態。

ネックは折れていて、トップの割れはなんと8箇所にのぼります。

塗装の劣化や長年の汚れや無数のキズなど問題山積みです。

すり減ったフレット。フレットは新しく交換します。
トップはスプルースで、マホガニーのゴルぺ板が付いています。
ネック裏。どれほど弾き込まれたのでしょう?愛用歴を物語っています。

まず、瀕死のネックを接着します。

次に割れている8箇所一つ一つに裏木をあてて接着します。

割れたトップを接着してクランプをかけます。

劣化したラッカーは除去します。

隙間や穴を埋めます。

平らに整えつつ古い塗装をとりのぞきます。

サウンドホールの淵も数箇所割れたり歪んだりしていました。接着や補強をし、歪みを直しました。

木肌の状態にしたところで今回はこのギターの雰囲気にピッタリのオイルニス塗装を施します。

少しずつ丁寧に何度もすり込んでいきます。

場所によっては補色したり磨いていきます。この後、フレット交換をして指板に栄養をあたえて仕上げます。

折れたネックはピッタリくっついて一命をとりとめました。

こうして完成しました。弾いてみるととても素晴らしい音です。

穏やかな優しい表情に思えてきます。
完成!

また持ち主の方と楽しい時を共に過ごしていくことでしょう。

どんな状態でも諦めずにDOVERにご相談ください。

’79 Fender USA ストラト

’79のFender USA Stratocasterが2本入荷したのでご紹介します!

まず1本目は珍しいカラーのCherry Sunburstです。

’79 Fender USA Stratocaster レアなカラー”チェリーサンバースト”
鮮やかな色が目を惹きます。

確かに’79製なのですが、残念ながらピックアップは恐らく’90頃のFenderのものに変えられています。さらにピックガードも変えられています。

象徴的な3点留め

音は、たとえPUが変えられていても流石に70年代後半のストラトならではのタイトなサウンドです。(重さ4.6Kg)

¥226,800


2本目は3TSです。

’79 Fender USA Stratocaster 3TS 風格さえ漂います。
もちろん3点留め。

些少なキズはありますが、70年代のギターですのでそれもまた”趣き”のあるものです。

こちらはすべてオリジナルです。特筆すべきはその軽さです。ご存知の通り70年代後半のストラトは重いものが多いのですが、これは3.6Kgと比較的軽いので弾きやすいのではないでしょうか。

クリアで力強い’70sのストラトがお好きな方は是非!DOVERでお待ちしております。

213,800

1965CasinoとAll Rose TL(中古)

ちょっとした神様のいたずらでしょうか?偶然、DOVERに「やって来た」ギターをご紹介します。

Epiphone 1965CasinoとFender JapanTL69-115(中古)。後ろは先日ご紹介したRicken。

まず、Fender Japan TL69-115 All Rose Telecaster (中古)です!おそらく1984年製です。

あの「All Rose Telecaster」です。

ネックに少々塗装の浮きが見られますがたいへんきれいな状態です。サドルは交換されていますがオリジナルのサドルも保存されています。なかなか、こんなに良いコンディションの物はないのではないでしょうか?

とてもきれいなローズの材。

ボディ、ネック、指板、すべて今ではたいへん貴重で高価なローズです。

オリジナルのペグ

黄色いラインのように見えるのはメイプルで、ローズのワンピースで作られたネックにはスカンクストライプとして、ボディのほうはローズで挟んだ「パンケーキ構造」になっています。

特徴的なメイプルの黄色いライン。
セミホロウボディ

こんなに贅沢にローズを使用するのは今となっては難しく、ローズならではのサウンドを是非味わっていただきたい1本です。

¥298,000 


もう1本はEpiphone Elitist 1965 Casino Japan LTD(新品)です。

Epiphone Elitist 1965 Casino Japan LTD Fホールからブルーラベルが覗けます。

これは特別な日本限定のCasinoで、1965年のモデルを忠実に再現したこだわりの逸品です!

ヘッドのサイドが面取り。トラスロッドカバーにも「Eマーク」が。

ナットとブリッジの素材が「デルリン」という当時使用されたものになっています。

現行のエリートカジノとは全然違います。見えないポットなどの部分や、塗装もニトロセルロースラッカーを使用するなど細部まで1965年仕様にこだわっています。

Casinoが気になっていた方、どうせでしたらこの1965年仕様の限定品を是非おすすめします。

SOLD!  ありがとうございました。

70’sストラト 続々入荷!

異例の進路の台風が迫り来る今日ですが、DOVERには嬉しいものが続々と入荷しております!まだ調整前なので詳しくお見せできませんが、貴重な70’sのストラトなどカッコいいものが入って来ました。

これから順次調整して店頭にお目見えします!

お楽しみに!

SOLID CABLES キャンペーン!

ソリッドケーブルのお得なキャンペーンが始まりました。日頃からソリッドケーブルが気になっていた方、チャンスです!ケーブルをお買い上げいただき永久保証登録をしていただくともれなくパッチケーブル6inchとさらに非売品Tシャツをプレゼントされます。

DYNAMIC ARC ULTRAは¥5,200相当 GT SERIESは¥3,200相当のパッチケーブルがもらえます。

ただし全国で限定、各50本ずつで終了しますので、この機会をお見逃しなく! 是非、DOVERにご自分の普段お使いのケーブル(シールド)をお持ちいただいて弾き比べてみてください。お値段だけの価値がきっとあります! お待ちしております。

第7回 KONグランプリ

7月24日 北本の本宿天神社夏季大祭で今年もKONグランプリが開催されます。高校生、大学生による軽音楽コンテストです。DOVERも後援しています。優勝するとDOVERで使えるお買物券が贈られます!コンテストといってもそんなに厳しいものではないので、学生の方は気軽な気持ちで出てみてはいかがですか?

出演希望者は明日7月15日(日)11:00北本本宿天神社社務所に来場してください。

お問い合わせ・Email:ppmfc.okuda@ezweb.ne.jp

FAX:048-538-7098

Rickenbacker 4001 V63 (中古)入荷!

Rickenbacker 4001 V63 (中古)です。しかもポールマッカートニー仕様に改造完了のベースが入荷しました。

Rickenbacker 4001 V63 (中古)。ポールマッカートニー仕様に改造してあります!

1992年に作られたものですが大変きれいです。

元はナチュラルではなくファイヤーグローでしたが、塗装をすべて除去しポールマッカートニー好みに面取りしてあります。

面取り。

アクティブに改造してあります。そのため、裏にキャビティを掘ってバッテリーボックスが作られています。

↑バッテリーボックスが作ってあります。

PUはオリジナルのままです。プリアンプはMoonのブラックバードで、あまりアクティブすぎない自然な音です。

状態は素晴らしく良く、たいへんお買い得です。DOVERでお待ちしております。

248,000   専用ハードケース付

七夕ですが・・・

きょうは七夕ですが、あいにくの天気です。

皆さんの願いごとがかないますように。

DOVERのある上尾では七夕の日って大体雨か曇りの様な気がします。そもそも「天の川」って見たことないです。こんな日はお家でギターやベースやウクレレをどうぞ。

これだけ湿度が高いとネックは後ろに反っていませんか?日本においては季節柄仕方ないのですが、あまり弾きにくいようでしたらDOVERにお持ちください。お待ちしております。