1965CasinoとAll Rose TL(中古)

ちょっとした神様のいたずらでしょうか?偶然、DOVERに「やって来た」ギターをご紹介します。

Epiphone 1965CasinoとFender JapanTL69-115(中古)。後ろは先日ご紹介したRicken。

まず、Fender Japan TL69-115 All Rose Telecaster (中古)です!おそらく1984年製です。

あの「All Rose Telecaster」です。

ネックに少々塗装の浮きが見られますがたいへんきれいな状態です。サドルは交換されていますがオリジナルのサドルも保存されています。なかなか、こんなに良いコンディションの物はないのではないでしょうか?

とてもきれいなローズの材。

ボディ、ネック、指板、すべて今ではたいへん貴重で高価なローズです。

オリジナルのペグ

黄色いラインのように見えるのはメイプルで、ローズのワンピースで作られたネックにはスカンクストライプとして、ボディのほうはローズで挟んだ「パンケーキ構造」になっています。

特徴的なメイプルの黄色いライン。
セミホロウボディ

こんなに贅沢にローズを使用するのは今となっては難しく、ローズならではのサウンドを是非味わっていただきたい1本です。

¥298,000 


もう1本はEpiphone Elitist 1965 Casino Japan LTD(新品)です。

Epiphone Elitist 1965 Casino Japan LTD Fホールからブルーラベルが覗けます。

これは特別な日本限定のCasinoで、1965年のモデルを忠実に再現したこだわりの逸品です!

ヘッドのサイドが面取り。トラスロッドカバーにも「Eマーク」が。

ナットとブリッジの素材が「デルリン」という当時使用されたものになっています。

現行のエリートカジノとは全然違います。見えないポットなどの部分や、塗装もニトロセルロースラッカーを使用するなど細部まで1965年仕様にこだわっています。

Casinoが気になっていた方、どうせでしたらこの1965年仕様の限定品を是非おすすめします。

¥248,000  (専用ハードケース付) カラー:グレー

70’sストラト 続々入荷!

異例の進路の台風が迫り来る今日ですが、DOVERには嬉しいものが続々と入荷しております!まだ調整前なので詳しくお見せできませんが、貴重な70’sのストラトなどカッコいいものが入って来ました。

これから順次調整して店頭にお目見えします!

お楽しみに!

SOLID CABLES キャンペーン!

ソリッドケーブルのお得なキャンペーンが始まりました。日頃からソリッドケーブルが気になっていた方、チャンスです!ケーブルをお買い上げいただき永久保証登録をしていただくともれなくパッチケーブル6inchとさらに非売品Tシャツをプレゼントされます。

DYNAMIC ARC ULTRAは¥5,200相当 GT SERIESは¥3,200相当のパッチケーブルがもらえます。

ただし全国で限定、各50本ずつで終了しますので、この機会をお見逃しなく! 是非、DOVERにご自分の普段お使いのケーブル(シールド)をお持ちいただいて弾き比べてみてください。お値段だけの価値がきっとあります! お待ちしております。

第7回 KONグランプリ

7月24日 北本の本宿天神社夏季大祭で今年もKONグランプリが開催されます。高校生、大学生による軽音楽コンテストです。DOVERも後援しています。優勝するとDOVERで使えるお買物券が贈られます!コンテストといってもそんなに厳しいものではないので、学生の方は気軽な気持ちで出てみてはいかがですか?

出演希望者は明日7月15日(日)11:00北本本宿天神社社務所に来場してください。

お問い合わせ・Email:ppmfc.okuda@ezweb.ne.jp

FAX:048-538-7098

Rickenbacker 4001 V63 (中古)入荷!

Rickenbacker 4001 V63 (中古)です。しかもポールマッカートニー仕様に改造完了のベースが入荷しました。

Rickenbacker 4001 V63 (中古)。ポールマッカートニー仕様に改造してあります!

1992年に作られたものですが大変きれいです。

元はナチュラルではなくファイヤーグローでしたが、塗装をすべて除去しポールマッカートニー好みに面取りしてあります。

面取り。

アクティブに改造してあります。そのため、裏にキャビティを掘ってバッテリーボックスが作られています。

↑バッテリーボックスが作ってあります。

PUはオリジナルのままです。プリアンプはMoonのブラックバードで、あまりアクティブすぎない自然な音です。

状態は素晴らしく良く、たいへんお買い得です。DOVERでお待ちしております。

248,000   専用ハードケース付

七夕ですが・・・

きょうは七夕ですが、あいにくの天気です。

皆さんの願いごとがかないますように。

DOVERのある上尾では七夕の日って大体雨か曇りの様な気がします。そもそも「天の川」って見たことないです。こんな日はお家でギターやベースやウクレレをどうぞ。

これだけ湿度が高いとネックは後ろに反っていませんか?日本においては季節柄仕方ないのですが、あまり弾きにくいようでしたらDOVERにお持ちください。お待ちしております。

ナットスロットの修正

ヴィンテージのベースのナット部分のリペアの一例です。

ヴィンテージの場合、時々見られることですが以前どこかで誰かによって不可解なリペアが施されていることがあります。今回のベースのナット部分は、まさにそうでした。はずしてみると溝に木工パテの様なものが詰められてその上にナットが乗っていました。多分アールが合わなかった為だと思われます。

木工パテ?が一緒に取れました。

彫刻刀かなにかで掘ったのでしょうか、ガタガタです。さらにバインディングも一緒に切断されていました。

そこで、まずナットスロットを正確にトリマーで掘り直します。

掘りました。手前のバインディングの欠損部分は後で直します。

ノミやヤスリを使ってより平らにしていきます。

ノミで細かいところを平らに。
ヤスリ1
ヤスリ2

新しい水牛骨のナットを溝にピッタリ合うように削って取り付けます。

バインディングを張り直す方法もありますが、今回はプラスチックパテでリペアすることにしました。

欠損部を埋めたところ。
ヤスリをかけてツルツルに整えます。
着色の途中・・・。経年変化した色に合わせて着色していきます。

この後、色を整えてナットの溝を掘って完成です。

どなたかに譲られたものや、中古で手に入れたものなど表面的にはわからないこのような事例はよくあります。DOVERにご相談ください。お待ちしております。