クラシックギターの蘇生

昔のクラシックギターの修理をご紹介します。

「昔のクラシック」?と思うかもしれませんが、そう言うしかないのです。

長い年月がんばってきたギター。実物はこの画像よりかなり悲惨です。中のラベルに製作者の名前が漢字で!

このギターは日本のクラシックギター作家の草分けの一人である中出阪蔵氏の弟で「中出留吉」の作品です。しかしながら、相当酷使されており悲壮感ただよう状態になっていました。

ガーン!首の皮一枚でかろうじてつながっている状態。

ネックは折れていて、トップの割れはなんと8箇所にのぼります。

塗装の劣化や長年の汚れや無数のキズなど問題山積みです。

すり減ったフレット。フレットは新しく交換します。
トップはスプルースで、マホガニーのゴルぺ板が付いています。
ネック裏。どれほど弾き込まれたのでしょう?愛用歴を物語っています。

まず、瀕死のネックを接着します。

次に割れている8箇所一つ一つに裏木をあてて接着します。

割れたトップを接着してクランプをかけます。

劣化したラッカーは除去します。

隙間や穴を埋めます。

平らに整えつつ古い塗装をとりのぞきます。

サウンドホールの淵も数箇所割れたり歪んだりしていました。接着や補強をし、歪みを直しました。

木肌の状態にしたところで今回はこのギターの雰囲気にピッタリのオイルニス塗装を施します。

少しずつ丁寧に何度もすり込んでいきます。

場所によっては補色したり磨いていきます。この後、フレット交換をして指板に栄養をあたえて仕上げます。

折れたネックはピッタリくっついて一命をとりとめました。

こうして完成しました。弾いてみるととても素晴らしい音です。

穏やかな優しい表情に思えてきます。
完成!

また持ち主の方と楽しい時を共に過ごしていくことでしょう。

どんな状態でも諦めずにDOVERにご相談ください。

ナットスロットの修正

ヴィンテージのベースのナット部分のリペアの一例です。

ヴィンテージの場合、時々見られることですが以前どこかで誰かによって不可解なリペアが施されていることがあります。今回のベースのナット部分は、まさにそうでした。はずしてみると溝に木工パテの様なものが詰められてその上にナットが乗っていました。多分アールが合わなかった為だと思われます。

木工パテ?が一緒に取れました。

彫刻刀かなにかで掘ったのでしょうか、ガタガタです。さらにバインディングも一緒に切断されていました。

そこで、まずナットスロットを正確にトリマーで掘り直します。

掘りました。手前のバインディングの欠損部分は後で直します。

ノミやヤスリを使ってより平らにしていきます。

ノミで細かいところを平らに。
ヤスリ1
ヤスリ2

新しい水牛骨のナットを溝にピッタリ合うように削って取り付けます。

バインディングを張り直す方法もありますが、今回はプラスチックパテでリペアすることにしました。

欠損部を埋めたところ。
ヤスリをかけてツルツルに整えます。
着色の途中・・・。経年変化した色に合わせて着色していきます。

この後、色を整えてナットの溝を掘って完成です。

どなたかに譲られたものや、中古で手に入れたものなど表面的にはわからないこのような事例はよくあります。DOVERにご相談ください。お待ちしております。

Neck Jig

よく「それは何ですか?」と聞かれるのがDOVERのリペアブースにあるNeck Jigです。ギターやベースをセットして主にフレットの高さを揃える時使うものです。

フレットの高さを揃えるためにフレットを一斉に削ります。

通常、ネックはわずかに後ろに反る力が働いています。弦が前に引っ張る力とつり合うことで真っすぐの状態でいられるのです。微妙な話ですが、調整のために弦をはずした段階でネックは後ろに反り始めます。

“Neck Jig” の続きを読む

Martinのリペア

Martinのリペアをご紹介します。

Martinにありがちなのですが、ピックガードが反りかえってしまっていてます。このまま放置しているとトップが割れてしまうので交換し、ブリッジは剥がれて浮いてしまっていたので付け直します。

トップを傷つけないよう慎重に取り外します。
次にブリッジを外します。
とれました。
ブリッジを接着しクランプで押さえます。

今回はフレットも交換します。 “Martinのリペア” の続きを読む

Ibanezのリペア まさにReborn!

長い間眠っていた、お客様思い出のIbanezのリペアをご紹介します。

よく見てください。指板、フレット、ピックアップの錆びや汚れ。ピックガードは劣化して欠損しています。
結晶の様な錆び

 

ピックアップを交換するため取り外そうとするとネジがボロボロ。
なんとかすべてはずしました。

電気系統をすべてはずしました。

今回は電気系はすべて新調します。PU,VOL,TONE,SW,OJ,配線材を新たに接続しました。

チューブを使って取り付けます。
特徴的なプレート。このあと磨きました。
フレットの「擦り合せ」をして指板のクリーニングをしました。
電気系がついて段々本来の美しさが戻ってきました。
ナットは今回そのまま生かし、溝を調整します。

新しいピックガードをとりつけました。

隅々まで磨き上げて・・・完成!

本来の美しさに、年月の重みが加わって重厚な印象によみがえりました!

堂々たる姿!

DOVERでは今年も皆さんに喜んでいただけるよう心をこめて努めてまいります。お待ちしております。

錆びたネジ

久しぶりにリペア関係のお話です。

ネジが錆びてドライバーが全く効かなくなったものをはずす様子をご覧ください。

この写真では手前の1つだけですが3つ全部でした。

まず、ボール盤を使って垂直にネジ自体に細い穴を掘ります。

ネジ本体の中に逆向きのネジ溝を掘るのです。
写真では違う位置ですけどご了承ください。

“錆びたネジ” の続きを読む

バインディング修理

アコースティックギターのバインディングの修理の一例をご紹介します。本来でしたら、片側をすべて取り換えるのがベストですが今回は部分修理を行ったケースです。

ぶつけて欠けてしまった所にキラキラしたビーズを接着剤で貼り付けて装飾なされてました。まずそれを取りました。

瞬間接着剤?でしょうか、なかなか取れませんでした。

新しいバインディングを貼るためには完全に取らなければなりません。

最も内側からの白黒白黒はそのまま生かして、白黒白の順に貼っていきます。

“バインディング修理” の続きを読む

YAMAHA ブリッジの修正

70~80年代の国産AGにありがちなのですが、ネックの仕込み角度がないため弦高が異常に高くて大変弾きにくいギターがあります。 今回は分厚いブリッジを削って弦高を下げた一例です。

長年大切にされてきたギターです。
#写真1 弦高が5mmもあります。

これでは、なかなか弾けません。ネックの仕込み角度はほとんどなく、ネックをはずしてのリセットとなると大掛かりになり費用もかさみます。そこでブリッジを削ることにしました。

これは分厚い!

まずノミで丁寧にそぎ落とします。

塗装してあったので削ると木地がでてきました。

ヤスリなどでなめらかに整えたらサドルを差し込む溝(サドルスロット)を掘り直します。

サドルの溝を掘りました。

“YAMAHA ブリッジの修正” の続きを読む