Washburn N4 レリック

N4のレリックの例をご紹介します。

このN4をレリックします。

まずネックや電装系をはずして、ステッカーもはがします。

ステッカーの跡がくっきり
裏。からっぽにしました。
バックル傷。

次は塗装を全部取り除きます。根気強くキズ等を消しつつ、ツルツルにします。

裏の塗装から除去していきます。
元の塗装を除去して、すっかりツルツルすべすべに。
下地を全体に塗ります。
裏にザっと着色したところ
いよいよレリック開始!

だいたいのベースを塗ってから、汚したり削ったりキズつけたりしていきます。今回は途中の段階でもお客様に見ていただいて、打合せました。全体をもう少し白っぽくと言うリクエストがあり修正するのと、汚す度合いや削る位置を決定しました。

フレットを7本まで打ったところ

フレット交換とピックアップ等の電装系の総取り換えをしました。ステッカーはお客様ご自身で用意して貼るとのことです。

ジャーン!完成!

ピックがあたって削れてるところも忠実に再現しました。

すごくかっこよくなり、とても喜んでくださいました。

この後お客様自らステッカーを貼りました。

 

DOVERではこのようなレリック加工もうけたまわります。

DOVERでお待ちしております。