TLの改造

TLのハムバッカーをシングルに変更しアッセンブリーを交換してノーマルに改造した例をご紹介します。

持ち込まれた状態。ハムバッカーです。
ピックガードやピックアップ、アッセンブリーを取りました。

ハムバッカーのキャビティーを加工する必要があります。まず、黒い導電塗料は接着剤が着かないのできれいに取らなければなりません。 “TLの改造” の続きを読む

YAMAHA BB Bass 改造

YAMAHA BB Bass のオーバーホール、ピックアップ交換、プリアンプのインストール(アクティブ化)、バッテリーボックスの取り付け等、DOVER(ドーバー)で行なった改造の例をご紹介します。

アマチュアの方の改造がなされてあり、ボリュームは本来の位置に直すことに。
修理前の姿。ボリュームの位置が「?」。PUも交換します。

ネックをはずしピックガードを取ってみると、彫刻刀によるザクリがされており、ネックもだいぶ反っていて、とても演奏できる状態ではありませんでした。

プリアンプを入れるためのキャビティーを掘り直します。

“YAMAHA BB Bass 改造” の続きを読む

ギターの調整

梅雨の季節になりました。気温の変化や湿気で、体調管理もたいへんです。

皆さんのギター・ベース・ウクレレは調子いかがですか?時々「調整ってしたことないです」とおっしゃる方がいます。ギターリペアは壊れた時や改造するときだけ修理に出すものと考えている方は案外多くいらっしゃいます。

楽器も木で出来ている以上まさに生き物のようなもので、絶対と言っていい程 時々の「調整」が必要です。「壊れているわけではないけど少し気になる所がある」と感じたら是非、DOVER(ドーバー)に調整にいらしてください。断然弾きやすくなりますよ。

弾きやすい楽器は楽しいものです。お待ちしております。

ネックのトラスロッドの限界

トラスロッドが限界になってしまったり、そもそもトラスロッドが入ってないネックが反ってしまったらどう直すのでしょうか?というご質問をよくされます。

「ネックアイロン」という専用の器具があります。熱とクランプによってじっくり時間をかけて直すのです。「熱なんて心配」と言う方もいらっしゃいますが、大丈夫です。ご心配いりません。専用のアイロンなので適温に保たれています。もちろんこれを使いこなすにはリペアマンの経験値が重要です!

ネックアイロンでネック矯正中!
ネックが下にあります。

 

クランプをかける力加減やスペーサーの位置、ネックの状態に合わせた温度設定や時間をどれぐらいかけるかなど考えるのは長年の経験がないと難しいところなのです。

また、ネックが反ったまま弾き続けているとフレットに問題が起きてくるので、ネックの反りが直った後、場合によってはさらに擦り合せが必要なケースもあります。

諦めていた方も是非 DOVER(ドーバー)へお持ちください。無料でお見積りします。お待ちしております。

’70sのTelecasterのレストア

長い間、倉庫に眠っていたという’70sのTelecasterをレストアしました。

コンパネを開けたところ・・・全部品交換します。
ブリッジの状態・・・錆びています。お客様の希望により、オリジナルテレキャスターどうり3wayへ変更、交換します。
ピックガードを外すと元の白いボディーカラーがわかります。

ヴィンテージFender特有のラッカーの変色はそのまま生かし、汚れだけを落とすよう細心の注意を払います。

指板に古い傷や汚れがあります。
フレットはだいぶ減っていますが、高さが十分あるので擦り合せで対応できます。
フレットの減りの凸凹

ペグは錆びや汚れがこびりついていたので一度外してきれいに磨きます。再び取り付ける際、裏の取り付けネジだけは新しくする必要があり交換し、ネジ穴がグラグラなので一旦穴を塞いで作り直します。

レストア開始 “’70sのTelecasterのレストア” の続きを読む

フレット擦り合せの一例

リペアの一例をご紹介します。凸凹になってしまったフレットの擦り合わせです。今回はアコギですが、エレキの方もほぼ同じ工程ですのでご参考にしてください。

ストレートゲージをあてて指板上の歪みをチェックします。

このギターはアコギの症状でありがちなんですが、ボディーに乗ってる部分の指板がわずかにへの字のような感じで下がっていました。

専用のゲージでフレットの高さをチェックします。ここでどこまで削るかが決まります。

指板のボディーへの落ち込みはわずかでしたので、フレットの擦り合せで対応できると判断しました。

丁寧に養生します。包帯巻かれたみたい。

段階を踏むごとに、様々な専門道具を使って少しづつ擦り合せていきます。

素手の感触から伝わる微妙な調整をしながら研磨していきます。
ピカピカです。
面取りも完璧!なめらかです。
完成!

皆さんもなんか弾きにくいなあと思うギターがありましたら、思い切ってご来店してみてください。お待ちしております。

ジプシースウィングギターのリペア

DOVERでのリペアの一例をご紹介します。

ジプシーギターのネックの裏のラッカー塗装が化学変化を起こしてしまい、ベタベタに溶けてしまった状態でした。一度化学変化してしまうと、元には戻らないうえにどんどん広がってしまいます。そうなると溶けてしまった塗装の部分を除去し、再塗装の必要があります。そこで今回は音質のことと、再度この様なことになる可能性を低くするためオイル塗装を選択しました。

溶けたラッカーを少しずつ丁寧に落とし、生地の状態に戻します。
(ベタベタの時の写真は撮り忘れました。)

高級ヴァイオリンに使用される天然顔料と塗装用オイルを元の色に合わせて調合しました。

”塗っては乾かし”を2、30回繰り返します。
完成!
画像左のヘッド部が元のラッカー塗装ですが違和感なく、つややかに仕上がりました。手になじむ感触で弾きやすくなりました。

ご自分のギターで弾きにくいなとお困りでしたら是非ご相談ください。

 

修理受け付けます

皆様ご来店ありがとうございます!!

エレキギター・ベース、アコースティックギター、アンプ リペア 修理どんどんお持ちください!ご相談に応じます。リペアブースで、簡単なことならちょっとお待ちいただけばその場で直すことも可能です。

委託販売も受け付けてます。よろしくお願いします!!

素晴らしい音のアコースティックギター達