YAMAHA BB Bass 改造

YAMAHA BB Bass のオーバーホール、ピックアップ交換、プリアンプのインストール(アクティブ化)、バッテリーボックスの取り付け等、DOVER(ドーバー)で行なった改造の例をご紹介します。

アマチュアの方の改造がなされてあり、ボリュームは本来の位置に直すことに。
修理前の姿。ボリュームの位置が「?」。PUも交換します。

ネックをはずしピックガードを取ってみると、彫刻刀によるザクリがされており、ネックもだいぶ反っていて、とても演奏できる状態ではありませんでした。

プリアンプを入れるためのキャビティーを掘り直します。

次にバッテリーボックスを取り付けます。ボディー裏のキャビティーを慎重に位置決めして掘ります。

裏にバッテリーボックスのスペースを作ります。その後バッテリーボックスを付けました。

ピックアップキャビティーを広げて整えたあと、配線を通す穴を開けます。

ピックアップを交換し、新しいプリアンプ及びアッセンブリーの配線をします。

次はペグです。ペグはそのまま使うことにしましたが、はずしてみると以前に位置を変えたための穴が複数あり、ネジが折れて埋まっていました。

上段右から4番目の穴にネジが残っています。

折れて埋まったネジをハンドルーターで取り出します。

紙の上にあるのが取り出したネジ。

穴がいびつなのでボール盤できれいに整えます。

穴埋めをします。

同じ径の棒状の木材で埋めたところ。この後、平らになるまでノミとヤスリをかけます。

ピックガードはそのまま使用するので穴を樹脂で埋めました。 組み立てて磨き上げて、サウンドチェックして・・・

完成!

修理前の写真との違いわかりますか?よく見ないと分りにくいかもしれませんね。お客様からは嬉しいお言葉を頂戴しました。こういう瞬間幸せな仕事をさせていただいてるなと感じます。

今回のような大きな改造だけでなく、その場でできる調整や弦の張替えだけでもお気軽にDOVER(ドーバー)にお越しください。お待ちしております。