ウクレレの修理

いよいよ夏本番です!

毎日暑いですね!

ウクレレのシーズンになり、修理も増えてきました。今回は二つの例をご紹介します。

まず最初はペグの交換です。従来のウクレレは「ストレートペグ」あるいは「フリクションペグ」と言われるもので、チューニングが狂いやすく、合わせるのも少し難しいものでした。そこで多くの方が「ギアペグ」に交換するようになりましたが、当初は正面から見るとペグボタンが横に張り出してケースに入らなかったり重くなったりしていました。いまでは「GOTOH」という会社からすべてを解決する良いペグが出ています。軽くて、見た目はほとんど変わらずにチューニングしやすく、狂いにくくなります。

ペグの穴を整えます。
上がはずしたペグ。ギアペグですがギアは見えません。

“ウクレレの修理” の続きを読む

TLの改造

TLのハムバッカーをシングルに変更しアッセンブリーを交換してノーマルに改造した例をご紹介します。

持ち込まれた状態。ハムバッカーです。
ピックガードやピックアップ、アッセンブリーを取りました。

ハムバッカーのキャビティーを加工する必要があります。まず、黒い導電塗料は接着剤が着かないのできれいに取らなければなりません。 “TLの改造” の続きを読む

YAMAHA BB Bass 改造

YAMAHA BB Bass のオーバーホール、ピックアップ交換、プリアンプのインストール(アクティブ化)、バッテリーボックスの取り付け等、DOVER(ドーバー)で行なった改造の例をご紹介します。

アマチュアの方の改造がなされてあり、ボリュームは本来の位置に直すことに。
修理前の姿。ボリュームの位置が「?」。PUも交換します。

ネックをはずしピックガードを取ってみると、彫刻刀によるザクリがされており、ネックもだいぶ反っていて、とても演奏できる状態ではありませんでした。

プリアンプを入れるためのキャビティーを掘り直します。

“YAMAHA BB Bass 改造” の続きを読む