ネックのトラスロッドの限界

トラスロッドが限界になってしまったり、そもそもトラスロッドが入ってないネックが反ってしまったらどう直すのでしょうか?というご質問をよくされます。

「ネックアイロン」という専用の器具があります。熱とクランプによってじっくり時間をかけて直すのです。「熱なんて心配」と言う方もいらっしゃいますが、大丈夫です。ご心配いりません。専用のアイロンなので適温に保たれています。もちろんこれを使いこなすにはリペアマンの経験値が重要です!

ネックアイロンでネック矯正中!
ネックが下にあります。

 

クランプをかける力加減やスペーサーの位置、ネックの状態に合わせた温度設定や時間をどれぐらいかけるかなど考えるのは長年の経験がないと難しいところなのです。

また、ネックが反ったまま弾き続けているとフレットに問題が起きてくるので、ネックの反りが直った後、場合によってはさらに擦り合せが必要なケースもあります。

諦めていた方も是非 DOVER(ドーバー)へお持ちください。無料でお見積りします。お待ちしております。