’70sのTelecasterのレストア

長い間、倉庫に眠っていたという’70sのTelecasterをレストアしました。

コンパネを開けたところ・・・全部品交換します。
ブリッジの状態・・・錆びています。お客様の希望により、オリジナルテレキャスターどうり3wayへ変更、交換します。
ピックガードを外すと元の白いボディーカラーがわかります。

ヴィンテージFender特有のラッカーの変色はそのまま生かし、汚れだけを落とすよう細心の注意を払います。

指板に古い傷や汚れがあります。
フレットはだいぶ減っていますが、高さが十分あるので擦り合せで対応できます。
フレットの減りの凸凹

ペグは錆びや汚れがこびりついていたので一度外してきれいに磨きます。再び取り付ける際、裏の取り付けネジだけは新しくする必要があり交換し、ネジ穴がグラグラなので一旦穴を塞いで作り直します。

レストア開始

フレットを擦り合せの途中経過。これから仕上げやクリーニングをします。
フレットを擦り合せて磨き、更に指板のクリーニングが出来ました。
ラッカーを完全には落とさずに磨きます。

PU、ブリッジを交換し、スイッチ類の配線に取り掛かかっています。

 

ナットを少しずつ削りながら合わせて作っている途中。
ストリングガイドを磨いています。
完成!
本物のヴィンテージ ’70s Telecasterが蘇りました。最高にいい音です!

どんな状態でも諦めないでDOVERにお持ちください!お見積りは無料です。お待ちしております。