フレット擦り合せの一例

リペアの一例をご紹介します。凸凹になってしまったフレットの擦り合わせです。今回はアコギですが、エレキの方もほぼ同じ工程ですのでご参考にしてください。

ストレートゲージをあてて指板上の歪みをチェックします。

このギターはアコギの症状でありがちなんですが、ボディーに乗ってる部分の指板がわずかにへの字のような感じで下がっていました。

専用のゲージでフレットの高さをチェックします。ここでどこまで削るかが決まります。

指板のボディーへの落ち込みはわずかでしたので、フレットの擦り合せで対応できると判断しました。

丁寧に養生します。包帯巻かれたみたい。

段階を踏むごとに、様々な専門道具を使って少しづつ擦り合せていきます。

素手の感触から伝わる微妙な調整をしながら研磨していきます。
ピカピカです。
面取りも完璧!なめらかです。
完成!

皆さんもなんか弾きにくいなあと思うギターがありましたら、思い切ってご来店してみてください。お待ちしております。